窓ガラス用断熱パネル・・・暖パネ

テスト販売開始しました!

 

窓ガラス断熱の『暖パネ』は2016年から性能試験や材料の選定、製作方法の
改善など試行錯誤を繰り返して来ましたがこの度テスト販売にこぎ着けることが
出来ました。

 

まだ今後も細かな点に関して改良が必要になると思いますが、実用上問題ない
レベルの製品を皆様のお手元にお届けする事が出来ます。
寒さ対策や結露対策でお悩みの方に是非お試し頂ければと思います。

 

お願いとお知らせ

お願い・・・

テスト販売を通して、価格や販売方法などどのようにすれば皆様にもっとも喜んで
頂く事が出来るかを調査確認して行きたいと考えています。
その為、販売方法や販売エリア、価格や製作可能サイズ・仕様などが
予告なく変更する事が有りますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

お知らせ・・・1

販売を予定していました『浴室窓ガラス用』に付きましては使用する磁石の錆び
及びパネル中空部分に侵入すると考えられる水蒸気の影響が確認出来ていない為
しばらくの間、発売を中止させて頂きます。

 

お知らせ・・・2

2019年受注分から参考価格表のサイズ及び価格を変更します。

 

鋼板製玄関ドア用断熱パネル受注に関して・・・

現在製作能力に限りがあるため、申し訳ございませんが3月までは
玄関ドア用の断熱パネルの受注が出来ませんのでご承知置き下さい。

 

 

 

暖パネは窓ガラス用の断熱パネルです・・・

 
  • ガラス断熱の暖パネは特許第6388224を取得し、『安価で簡便』

    『省エネ性能が高い』などで各方面から期待され、国の補助金事業にも
    採択され、更に神奈川県の『経営革新事業』にも承認されています。

  • 断熱性能はガラスだけの窓と比べて冬場で約4℃高くなり

    結露性能は約20%向上します。

  • 断熱サッシへの交換や内窓サッシ取付けなど他の方法と比べ1/5〜1/3の

    費用で同様の効果が得られ、多くのご家庭の悩みの解決や地球温暖化に
    貢献できる製品と自負しております。

社長+暖パネ

アリキリリフォーム
代表取締役 常田 豊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご購入方法・・・

 

アリキリ暖パネ事業部ではご自宅の窓ガラスに合わせた
『オーダーメイド窓ガラス断熱パネルの
製造販売』を行っています。
ご購入ご希望の場合には、ガラスの寸法を測り専用用紙にご記入頂き
メール又はFAXでご注文下さい。
*詳しくは購入方法をご確認下さい。

 

費用に関して、見積等は行っていませんので価格表にてご確認下さい。
不明な点がございましたらメール又は電話でお問い合わせ下さい。

 

≪お申し込みはこちらから・・・≫
【お願い】お申し込みの際にはメニューから『ご購入方法』及び『価格表』
ご確認下さい。

 

≪FAXでお申し込み・・・≫ 045−842−8198
≪お問い合わせは  ・・・≫ 0120−414−065(暖パネ事業部)

 
 

暖パネは透明の断熱パネルで窓ガラスを断熱します。

皆さん冬にこんなお悩み事はありませんか?
結露画像2mod

  • 窓ガラスの結露で毎日のお掃除が大変。
  • 窓際に座ると窓からの冷気で寒い。
  • 結露で窓枠が腐りそう。
  • 脱衣所が寒くてヒートショックが心配。
  • 窓からの冷気で浴室内が寒い。

こうした悩みを少ない費用で解決出来るのが『暖パネ』です。

 

暖パネの特徴

暖パネはここがすごい・・・
家計に易しい

  • 価格が1/5で内窓サッシと同等に近い断熱性能
  • 工事が無いので一瞬で取付完了
  • 内窓のように開け閉めが煩わしくない
  • ガラス面の結露対策に効果的
  • 窓ガラスの掃除も簡単にできる
  • 透明なのでカーテンのように部屋が暗くならない

 

こんな発想から生まれた製品です・・・

  • 『暖パネ』は本業のリフォームからヒントを得て誕生しました。
コストダウンイラストmod

築年数20年以上の住まいの多くはガラスが一枚しか
入っていない非断熱サッシが使用されています。
このサッシは最近のようにガラスが2枚入った
断熱サッシに比べ寒く結露も発生します。
今までは内窓サッシを取付ける事で解決していましたが
価格が高くなかなか普及しませんでした。

 

そこで『もっと安い費用で同様な効果を得ることが出来ないか?』
と言う事で開発されたのが『暖パネ』です。
その結果、『同様な断熱性能を約1/5の費用に出来る商品が開発できました。

 

暖パネの断熱・結露防止効果・・・

下の写真は実際にマンションに設置した実装試験の様子です。
下部のガラスに暖パネを設置し、上はガラスのままです。
外気温度は約0℃、窓側の室内温度は約17〜19℃です。
【写真-1】は赤外線表面温度計で温度を測定しているところです。
≪暖パネは11℃≫を示しています。≪ガラスは7℃≫を示しています。
≪温度差は4℃≫
もありました。

 

【写真-2】は結露の状況です。上部のガラスには結露が発生していますが
下の暖パネには結露が有りません。理論値では
≪7℃のガラスは湿度が約46%で結露が発生≫しますが、
≪11℃の暖パネは61%にならないと結露は発生しません。≫
このように暖パネは『結露防止にも断熱にも大きな効果を発揮』します。

【写真−1】
暖パネ実装温度比較
【写真−2】
暖パネ実装結露比較

 
トップへ戻る